田畑が広がる静かな平野に立つ四国霊場第六番札所『安楽寺』。霊験あらたかな御本尊『薬師如来』によって守護されたこの寺は、毎日多くの参詣者でにぎわい、諸堂は読経の声と香煙が絶えることはありません。
この安楽寺の本堂と大師堂の中間には永代供養のためのお堂『性霊殿』がございます。永代供養とは、亡くなった方が最後に落ち着く場所として永代にわたってお寺に供養や管理を託すことです。
安楽寺には、古くより永代供養の習慣があり、宗旨・宗派を問わず日本全国の方のお位牌、お遺骨をおまつりしてきました。
特に近年は少子高齢化により、後継者の問題などお墓を代々まつっていくのが困難な時代となってまいりました。安楽寺にはそういったお悩みを抱えた多くの方がご相談にいらっしゃいます。







ご希望の方には、永代供養の詳しい内容が記載されたパンフレットを郵送いたします。永代供養についてのご相談やご質問等ありましたら、安楽寺までお電話下さい。

〒771-1311 徳島県板野郡上板町引野字寺ノ西北8
電話:088-694-2046 FAX:088-694-5610